--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X47B

2011年03月08日 23:39

X47Bってまだ配られてなかったんですね。
全く買う気がなかったため気づかなかった…。
さっき来た配布開始のメールで気づきました^^;
ちょっと様子見て良さそうなら買おうかな。

X47Bの設計において最も重要視された課題は1つのペアで最大の利益を追求するという事です。
VZR ESC Mac10では1つのペアの最適時間に限定された取引をし、大きな勝率を出す。またそれを多通貨同時運用で相対的に残高を持ち上げるという複数ペアを前提としたものとなっています。
今回のX47Bは全く違うコンセプトに基づき設計されました。ある程度勝率とドローダウンを犠牲にしてでも大きなプロフィットを狙うということです。これには大きな矛盾がありました。
当初24時間稼動するスカルピングソフトを目指しておりまして、実際にもその機能は実装されています。ですがこれは大きな変動で確実にやられます。
また一度大きなSLでやられた場合の復帰スピード等を考慮すると、実際に稼動させた場合において精神的にかなりの苦痛に悩まされます。
そこで、24時間稼動させるのは365としては不可能であると判断いたしました。なので負ける時間を回避するためにABCDと4つの時間で切ったのです。これは相場の急変が予想されるマーケット開始時間をキャンセルする為です。ですが実際問題として、各時間帯をブレイクアウトで狙うのかカウンターで狙うのか?
まだまだ課題は大きいのです。
今回はこの戦略を応用してオセアニア時間帯を小刻みに分割して各時間ごとに最適とを割り出し、重複してポジションを持たせるという戦略にでます。
全てのポジションは各パラメータに従い独立コントロールされます。相対的にドローダウンの数値は上がることになりますが、実質ドローダウンは5~10%程度とお考え下さい(Risk10において)
安定度を重視するのなら ESCとMac10をご活用下さい。これ以上のスカルピングソフトは存在しないといえるほどの出来に仕上がっています。
私達開発Bチームの集大成です。
ただし、リスクをとってでも大きな収益を取るという事を目標に出来る方にはX47Bは最大の武器になります。まさに局所的に絨毯爆撃するように短時間で大きな収益を狙うことが出来るのです。

X47B.jpg


コメント

  1. じゅじゅ | URL | -

    うちは買っちゃいました^^

    結構楽しみにしてます

  2. マサキ | URL | -

    Re: タイトルなし

    じゅじゅさん、こんばんは。
    買っちゃいましたか。
    自分も本当のところウズウズしてます(笑)
    良さそうだったら教えてください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


■最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。